SKYACTIV-D

マツダ全般

マツダオーストラリアが直列6気筒以外の新型エンジンの開発を行うかどうかについては「絶対にないとは言い切れない」と述べる

マツダの新世代ラージ商品群第1弾「CX-60」 直6エンジンも話題ですが、それ以外の新たなエンジンについてです。
マツダ全般

SKYACTIV-D 3.3は「カーボンニュートラル燃料やバイオ燃料を将来的に使用することを想定して開発した」

マツダの新世代ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 3.3」 将来的にカーボンニュートラル燃料やバイオ燃料を将来的に使用することを想定して開発しているそうです。
マツダ全般

マツダが説明する「直6エンジン」と「PHEV」のサウンド

マツダの新世代商品第4弾「CX-60」 エンジンサウンドにもこだわりをもっているそうです。
マツダ全般

CX-60のSKYACTIV-X搭載モデルは「日本への導入予定は現在のところない」

マツダの新世代商品第4弾「CX-60」 SKYACTIV-X搭載モデルは今のところ予定はないそうです。
マツダ全般

欧州でCX-60のディーゼルエンジンは「2022年9月」、SKYACTIV-Xは「2023年」

マツダの新世代第4弾「CX-60」 欧州ではディーゼルエンジンは「2022年9月」、SKYACTIV-Xは「2023年」に投入されるそうです。
マツダ全般

e-SKYACTIV D 3.3は「Euro7 規制」を満たし「SCR触媒」を搭載で「おそらく最後の世代の内燃機関」

マツダの次世代ディーゼルエンジン「e-SKYACTIV D 3.3」 その詳細についてです。
マツダ全般

バイオディーゼルエンジン(300馬力)を搭載するのは「MAZDA3」

スーパー耐久シリーズに新たに投入予定の新エンジンを搭載するのは「MAZDA3」だそうです。
マツダ全般

MAZDA3の「2022年2月」と「2021年9月」モデルの諸元表を比較してみる

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」 「2022年2月」と「2021年9月」モデルの諸元表を比較してみます。
マツダ全般

e-SKYACTIV X 3.0のコンセプトは「ライトサイジング」なのでターボチャージャーは不要

マツダの新世代ラージ商品群第1弾「CX-60」 搭載予定のエンジン「e-SKYACTIV X 3.0」についてです。
マツダ全般

マツダの「深化したディーゼルエンジン搭載モデル」と「その他ディーゼルエンジン搭載車モデル」

マツダのクリーンディーゼル「SKYACTIV-D」 深化したエンジンを搭載したモデルとそうでないモデルについてです。
マツダ全般

SKYACTIV-Dに混合率5%以下のバイオディーゼル燃料を使用可能

マツダのディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」 混合率5%以下のバイオディーゼル燃料は使用可能だそうです。
マツダ全般

「MAZDA SPIRIT UPGRADE D 1.1」の工賃について

マツダの新サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE」 今回は工賃についてです。
マツダ全般

国内マツダFAQが答える「3000rpmまで回すのはどのようなシーン」?

マツダ公式のFAQがここ最近、頻繁に更新されていました。
マツダ全般

MAZDA SPIRIT UPGRADE D 1.1の作業時間は「約30分」、CX-3への対応は「今回はなし」

マツダの新サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE D 1.1」 気になる作業時間など、細かい部分についてを学んでいきます。
マツダ全般

マツダが「MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1」の提供開始を正式発表、本日から販売開始

本日、マツダ株式会社がディーゼルエンジンの制御プログラム最新化サービスを開始したことを正式発表しました。
タイトルとURLをコピーしました