スポンサーリンク

マツダドイツが2023年上半期において各モデルの販売台数を発表、一番人気は「CX-5」

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの主力SUV「CX-5」

マツダドイツが2023年上半期において各モデルも販売台数を公表しています。

情報元:Mazda mit mehr als 22.700 Neuzulassungen im ersten Halbjahr 2023

情報元は、マツダドイツのニュースリリースです。
こちらには、2023年上半期におけるドイツ市場での販売実績を発表していました。

  • 2023年上半期にドイツでは22,725台を記録した
  • 前年同月比で「42.6%増加」
  • シャアは「1.6%」

前年同月比で42.6%増とかなり好調のようですね。
さらに、各モデルの販売台数も発表されていました。

  1. CX-5(5,864台)
  2. MAZDA2(4,205台)
  3. CX-30(3,004台)
  4. CX-60(2,858台)
  5. MAZDA3(1,935台)
  6. MX-30(1,831台)

ドイツでは「CX-5」が人気でした。
そして、CX-5の次に人気なのが「MAZDA2」というのが意外でした。これがMAZDA2 HYBRID(TOYOTA ヤリス)と合算した数字なのかはわかりません。

そして「CX-60」と「MX-30」が意外な順位でした。
日本ではCX-60が圧倒的人気となっていますけど、ドイツではまだまだ「CX-5」が主力のままなんですねぇ。MX-30は欧州では「セカンドカー」として販売していましたけど、MAZDA3と同じくらいに人気のようです。

まだドイツのマツダディーラーでは「14,000件」の顧客購入契約で埋まっているそうですので、今後も成長に期待できそうですねぇ。