スポンサーリンク

2020年冬商品改良 CX-5では「アクセルペダルの踏み心地を変更している」

マツダ関連

マツダの主力SUV「CX-5」

2020年商品改良では、目に見えない部分の変更などが行われているようです。

情報元:「何が変わった?」 錯覚すら覚える驚きの進化 マツダ「CX-5」の凄さとは(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 – carview!

情報元は「carvies!」です。
こちらにでは、2020年冬商品改良CX-5の改良詳細についてが書かれていました。

  • 8.8&10.25インチセンターディスプレイ
  • ディーゼル車出力向上
  • ガソリン車を含むAT者のトランスミッション制御アップデート
  • ガソリン車ではSPROTモードの応答改善
  • アクセルペダルの踏み心地の設定を変更(ディーゼルのみ)

マツダのニュースリリース内容と、それ以外にも細かい部分の改良内容が記載されていました。SPORTモードやアクセルペダルについては初耳ですねぇ。

特にアクセルペダルに関しては、ディーゼルエンジン搭載モデルのみということで、かなりのコダワリを感じることが出来ます。この変更によって細かいアクセル操作がしやすくなるということで、これがどれだけ一般ドライバーが実感できるのか興味深いですねぇ。

マツダはこういった細かい改良を続けています。
こうして語られることで、開発した人たちも開発しがいがあると思うので、こういうのはどんどん発信していって欲しいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました