スポンサーリンク

マツダUSAの2022年モデルラインナップを想像してみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの重要市場のひとつ「USA」

2022年には複数モデルが投入されますので、そのラインナップを想像してみたいと思います。

アメリカでは、2022年には色々なことが起こる予定です。

  • 2022 CX-3、MAZDA6の廃止
  • アラバマ新工場で新型SUVを生産開始
  • 2022 MX-30 EVを一部地域で投入
  • ラージ群投入?

モデル整理が行われていたり、新モデルが投入されたりと色々なことがおきることが予告されていますねぇ。これらの予定を踏まえて、マツダUSAのマツダ車ラインナップを一覧を改良してみたいと思います。

今回は「CX-5」と「CX-9」が存在しているという前提です。それに対して新型モデルなどを追加すると、かなりSUV比率が多くなることがよくわかります。ただモデル数が増えるだけでなく、北米専用「CX-X」に関してはトヨタのハイブリッドシステムを搭載するということで電動化に関しても進んでいっていますねぇ。

また、将来のモデル欄には「2023 MX-30 PLUG-IN HYBRID EV」を追記しておきました。以前出てきたロータリーレンジエクステンダーの投入を中止して「PHV」に切り替えるという話は、もしかしたらマツダUSAの紹介ページで「2023 MX-30 PLUG-IN HYBRID EV」と表記されていたことから派生したのかもしれませんねぇ。実際のところ、全く正確な情報が出てきていないので真相はわかりません。

以上です。
ただの妄想ですが、マツダがSUVに本格的に舵を切っているのを再確認できました。ただ、ラージ群で「VISION COUPE」のような高級セダン(スポーツカー?)が投入されることも示唆されているので、それをひそかに期待しています。

タイトルとURLをコピーしました