スポンサーリンク

ドイツのAUTOBILD誌が「CX-5の10万キロ耐久試験」を実施、優れた成績を収める

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

10万キロという厳しい試験でも優れた結果を残したようです。

情報元:Mazda CX-5 glänzt im 100.000-Kilometer-Dauertest

情報元は、マツダドイツのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • ドイツのAUTOBILD誌が「CX-5」で10万キロ耐久試験を実施
  • 耐久試験では「SKYACTIV-D 184(AWD)」を使用
  • 信頼性や技術的な条件面で弱点が見当たらなかった
  • 「AUTOBILD」の編集者は、前モデル(KE型)でも長期テストを実施しており、そちらでも非の打ちどころのない長期品質を持っていることをすでに確認していた
  • 故障も欠陥も予定外のワークショップへの訪問もなく、CX-5が専門家の監督の下で個々の部品に分解されたときでさえ、テスターは顕著な欠陥は存在しなかった
  • 2.2リッターディーゼルもシャーシもインテリアも10万キロの耐久試験に耐え抜いた

ドイツの自動車雑誌「AUTO BILD」がなかなか興味深い試験を行ったようです。10万キロの耐久試験を行い、画像にもあるひとつひとつパーツを分解しての検査を行い、それでもなお、専門家を唸らせる素晴らしい結果となったようです。

ここ最近、マツダ車の品質信頼性が非常に改善されていますねぇ。北米でもしっかりと評価されており、欧州においてもその品質の高さが証明されました。

数年前とは全く違う印象になってきているのも、マツダの企業努力が実を結んだ結果なのかもしれません。この品質を保ちつつ「ラージアーキテクチャ」でさらなる飛躍を魅せるのかもしれないと思うと、非常に胸が熱くなりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました