スポンサーリンク

マツダ新型EV「MX-30」のカラーバリエーションを試す。

マツダ全般

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」
今回は「MX-30」のカラーバリエーションを色々と試してみたいと思います。

東京モーターショー2019で世界初公開された、マツダの量産初となる新型EV。
とても話題になりました。
まずは欧州から発売されるということで、4種類のカラーバリエーションが用意されています。

画像引用元:Mazda | Mazda MX-30 First Edition

単色「セラミックメタリック」と3トーンカラーの3種類。
意外とバリエーションが絞られていますよね。
これは初回限定版だからなのかはわかりません。
モーターショーの説明員の方もバリエーションについても「検討中」と回答していました。

ということで、個人的に色々と想像してみました。

元画像引用元:MAZDA

上段 オレンジ グリーン
中段 水色 黄色
下段 グレー 黄櫨染

色々と試してみました。
3トーンカラー版を基にしたので、明るいカラーが良く似合います。
オレンジや水色、黄色なんてのはよく似合いますねぇ。
これはスズキのハスラーなどのデザインが好きな人には受けそうです。
それと最近話題だった「黄櫨染」も試してみました。
渋い色合いで高貴さが伝わってきます。
ネットで調べたんですが、「黄櫨染」のカラーコードってあるんですねぇ。
なんでもありました。

MX-30のおかげでデザインの幅が広がりましたねぇ。
こうなってくると、カラーバリエーションも増えてきそうな気がします。
MAZDA3やCX-30のようなデザインに物足りなさを感じた人にとっては、意外と良い感じの選択肢として存在できそうです。
今後、実際にこうしたカラーバリエーションが増えてくると良いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました