スポンサーリンク

オーストラリアのCX-30は「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-G 2.5」の2種類

マツダ全般

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」
オーストラリアでも発売が近づいてきたようです。

情報元:Mazda CX-30 2020 launch engines detailed – Car News | CarsGuide

情報元は「carguide.com」です。
CX-30の詳細が記された書類をみたそうで、その内容が掲載されています。
書かれている内容は以下の通り。

  • オーストラリアでは2020年初頭に「CX-30」が登場
  • エンジンは「SKYACTIV-G 2.0(114kW)」と「SKYACTIV-G 2.5(139kW)」
  • 「2.0L」はMTあり、「2.5L」はATのみ
  • AWDもATのみ
  • SKYACTIV-Xの記載はCX-30の書類にはなし
  • SKYACTIV-Xは、来年中にMAZDA3で登場予定

オーストラリアではディーゼルモデルは内容です。
ここ最近、オーストラリアではディーゼル搭載車種が廃止になったりしているので、その流れなのかもしれません。
代わりに「SKYACTIV-G 2.5」が搭載されるようですね。
また、SKYACTIV-XはCX-30登場と同時という訳ではなさそうです。
他国同様に、MAZDA3からの導入するんですねぇ。
オーストラリアでも来年にはSKYACTIV-Xが登場予定なので、2020年には多くの国で本格投入が完了してそうです。
さらなる詳細は、CX-30の正式発表待ちです。

マツダの新世代SUV「CX-30」がぞくぞくと発売が開始されます。
オーストラリアも最近は雲行きが怪しいので、このCX-30の投入で巻き返したいところ。
人気が出ると良いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました