スポンサーリンク

「MX-30」のマイルドハイブリッドモデルをオーストラリアで2021年前半に投入、EVモデルは2021年半ばから

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

オーストラリアでは「マイルドハイブリッドモデル」と「EVモデル」の2種類が登場予定となるそうです。

情報元:2021 Mazda MX-30 coming to Australia: Electric and mild-hybrid confirmed | CarAdvice

情報元は「CarAdvice」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • オーストラリアでMX-30が登場予定
  • マイルドハイブリッドとEVモデルの2種類が用意される
  • マイルドハイブリッドは2021年前半、EVモデルは2021年半ばに当y上予定
  • マイルドハイブリッドモデルは「e-SKYACTIV G 2.0(114kW 200nm)」でATのみ
  • 価格と詳しい仕様は未発表

MX-30の説明動画も同時公開されています。

ついにオーストラリアでも「MX-30」が登場しました。
日本と同じ「マイルドハイブリッドモデル」と「EVモデル」が投入されるということで、こちらもMX-30のマルチソリューションを最大限に生かす形となりそうです。

詳細についてはまだ発表されていないようで、また、ロータリーエンジンレンジエクステンダーについてもまだ話は出てきていない記事には書かれています。

マツダオーストラリアのドーク氏は「M HYBRIDモデルが売上の大半を占める」と予測している辺り、オーストラリアでもまだまだEVモデルの普及はこれからという雰囲気ですねぇ。

MX-30がグローバルで投入されてきました。
どれだけ人気が出るのか、これからが楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました