スポンサーリンク

MX-30は「これからマツダに入ってほしいユーザー層を狙うクルマ」

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

今までの一貫したマツダ車とは異なるモデルとなっていますが、その狙いにはどのような新規層を取り込んでいくのかが明確に決めているようです。

情報元:変化球かと思ったら直球のいいクルマだったマツダ「MX-30」:日経ビジネス電子版

情報元は「日経ビジネス」です。
こちらでは、国内向けMX-30についての記事が掲載されていました。

その記事の2ページに気になることが書いてありました。

これに対してMX-30は、これまでマツダが取りこぼしてきたユーザー、これからマツダに入ってきてほしいユーザー層を狙うクルマだという。これまでのマツダ車は、クルマ好きの人たちには高い評価を受けてきたが、MX-30はいわばクルマ好きではない人たちのためのマツダ車、ということになる。

引用元:変化球かと思ったら直球のいいクルマだったマツダ「MX-30」:日経ビジネス電子版

MX-30が狙うユーザー層についてです。
非常に明確に狙うべき層を定めているそうで、マツダが「これからマツダに入ってきてほしい」というユーザーを狙っていると書いてありました。確かに、最近のマツダは新たな方向性に動き出しているのが肌で感じることが出来ます。MX-30の紹介ページでは様々な専門職の方々とコラボレーションしたりと、マツダとしてはそういった方々に「マツダに入ってほしい」と思っているのかもしれません。

また、記事では「クルマ好きではない人たちのため」とも表現しています。クルマ好きの方々はクルマを積極的に購入してくれますが、それでも分母が多くはありません。マツダは「プレミアムメーカー」を目指さないということを以前話していたと思うので、そうなるとある程度の購入層は確保しなければいけないので、今までマツダが取り込んでいなかった新規層の獲得は必須ではないでしょうか。

マツダは将来のことを本当によく考えているなぁと思います。こういうのを見たり聞いたりするとマツダにはワクワクさせられるんですよねぇ。

タイトルとURLをコピーしました