スポンサーリンク

カルフォルニア州では「PEV車所有者の5人に1人は充電が面倒くさい」と感じている

マツダ全般
スポンサーリンク

最近、電気自動車が話題に挙がっています。

そんな中、カルフォルニア州では興味深い調査結果が登場しました。

情報元:Electric Car Owners Switching to Gas Because Charging Is a Hassle: Study

情報元は「INSIDER」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • カルフォルニア州大学が2021年から2018年の間、カルフォルニア州の電気自動車を保有している人を対象に調査を行った
  • PEVの所有者の5人に1人がガソリン車に戻った
  • 理由としては「バッテリーの充電が面倒だから」
  • 切り替えた人のうち、70%以上が自宅でレベル2の充電ができず、職場でレベル2の接続ができない人はそれよりもわずかに少なかった

充電に関する調査結果です。
所有者にとって、充電時間がかかるわりに走行距離が短いというジレンマが苦痛のようですねぇ。その点、ガソリン車の場合は一回5分程度の給油で数百キロの走行距離が確保されますので、そう考えるとガソリン車の方が楽なのかもしれません。

私も良く携帯電話の充電を忘れてしまいます。
時間もかかりますし、取り返しがつかないのでなかなか深刻な問題ですよねぇ。

この問題は2021年になってもまだまだ改善はされていません。今後、特に2030年までに世界の充電事情がどのように改善されているのかが注目ですねぇ。それと、2021年秋にはマツダがMX-30をアメリカに投入する予定です。走行距離が短く、充電を頻繁に行うと考えると、受け入れられるのかなども注目したいです。

タイトルとURLをコピーしました