スポンサーリンク

マツダメキシコが「2022 MAZDA2」を正式発表、リアバッジには「e-SKYACTIV G」の姿が

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダのコンパクトカー「MAZDA2」

メキシコでも2022年モデルが登場しました。

情報元:Mazda México | Vehículos, SUVs y Roadsters | Feel Alive

情報元は、マツダメキシコの公式ページです。
こちらには「2022 MAZDA2」が掲載されており、スペックや画像が掲載されていました。

画像引用元: Mazda México | Vehículos, SUVs y Roadsters | Feel Alive

セダンモデルとハッチバックモデルがラインナップされており、搭載エンジンは「1.5L SKYACTIV-G」と記載されていました。外観デザインなどは特に大きな変更なさそうですが、ギャラリーに気になる画像が数点掲載されていました。

画像引用元: Mazda México | Vehículos, SUVs y Roadsters | Feel Alive

リアに「e-SKYACTIV G」のバッジが装備されています。情報元に掲載されているカタログやスペック表には記載されていませんが、どうやら「マイルドハイブリッドモデル」が登場することは間違いないようです。

画像引用元: Mazda México | Vehículos, SUVs y Roadsters | Feel Alive

それともう一つは「スマートフォンワイヤレス充電」です。日本での2021年商品改良モデルにも追加された機能ですが、北米仕様にも採用されました。コンパクトカーにこの装備はなかなかないので、素晴らしいですねぇ。

最後にインテリアです。

画像引用元: Mazda México | Vehículos, SUVs y Roadsters | Feel Alive

ブラックなレザーインテリアが掲載されています。
ここ最近、MAZDA2のブラックレザーインテリアをみてこなかったのでとても新鮮なような気がします。マツダは国内での商標登録で「ブラック」に関する登録を複数行っているので国内でも投入されるかもしれませんねぇ。
マツダが「BLACK CABIN」「BLACK GLOSSY PACKAGE」「SUPER EDGY」を商標登録

遂にマツダも北米でも「電動化」が進んできました。
そうなってくると、近いうちにSKYACTIV-Xも搭載される可能性がありますので、これはますます北米市場が面白くなってきましたねぇ。

タイトルとURLをコピーしました