スポンサーリンク

マツダが「MX-30 EV(2021年6月生産分)」に対して可搬式給電器への対応機能プログラムを提供開始

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

2021年6月までに生産された国内向けEVモデルに対して可搬式給電器への対応機能プログラムの提供を開始しました。

情報元:MAZDA MX-30 EV MODEL|電気自動車 SUV|マツダ

情報元は、マツダ公式ページです。
MX-30 EVモデル紹介ページ内の納期情報に「2021年6月生産分までにご購入のお客様へ」という分が追加されており、以下の内容が掲載されています。

2021年6月生産分までのMX-30EVモデルをご購入のお客様にお知らせ
この度、「可搬型給電器」への対応機能(V2L機能)プログラムを、ご購入の販売店にてご提供させていただきます。
詳しくは販売店にお問い合わせください。

対象車両) 2021年6月30日までの生産車両 (車体番号: ~ DRH3P-100175)

対象期間) 2022年9月30日まで

引用元:MAZDA MX-30 EV MODEL|電気自動車 SUV|マツダ

以前、ひっそりと対応した「可搬式給電器」ですが、発売開始から2021年6月までに生産されていた既販車両に対してもアップデートが開始されたようです。

対象期間は「2022年9月30日」までとなっており、無償なのか有償なのかについては記載されていませんでした。あまり使用しない機能でありますが、あるに越したことはありませんので、対象車両を所有している方は一度販売店に行ってアップデートしといた方がお得なのかもしれませんねぇ。

マツダはこうしたアップデートをどんどん提供していってますね。ユーザーとしても所有する歓びが増えると思いますし、安心感も増していきますので素晴らしいサービスですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました