スポンサーリンク

「CX-50」の荷室をよくみてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの北米向け新世代SUV「CX-50」

もう一度「荷室」をよく見てみたいと思います。

情報元はFacebookです。
海外のマツダ車販売店の方がCX-50お披露目会の展示車車両を写真に撮っており、その中にラゲッジルームを撮影した写真がありました。

めちゃくちゃ広いですねぇ。
荷室部分だけでもひろいんですが、2列目シートを倒せばこれ以上に広いスペースを確保することができるようになっていそうです。さらに側面の窪みを見る限り、下部分の収納もできるようになっているみたいですので、これは荷物だけでも相当な詰め込みが可能となっていそうですねぇ。

それとモノを引っ掛ける場所も用意されていたり、アウトドアに特化したモデルに相応しい装備内容となっていますねぇ。

これは確かに北米向けです。
日本では「CX-8」が代わりとなりそうですので、CX-8にも「Field Journey」のようなモデルがでると人気が出そうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました