スポンサーリンク

中国地方ではマツダ車の新車納期が「4か月待ち」となっているそうです

マツダ全般
スポンサーリンク

世界的に影響が出ている「半導体不足」

中国地方ではマツダ車の大半のモデルは「4ヶ月待ち」となっているそうです。

情報元:新車納期遅れ、対応に苦慮 中国地方ディーラー、半導体不足影響 | 地方経済 | 中国新聞デジタル

情報元は「中国新聞デジタル」です。
こちらには中国地方の自動車販売店が新車の納期が遅れているという内容が掲載されていました。

その中でも「広島マツダは大半の車種が約4ヶ月待ちになっている」と報じています。通常は1ヶ月半ほどらしいですが、倍以上の時間がかかってしまうみたいですねぇ。

確か山口マツダでも10月の時点での新車納期についてが語られていました。
マツダ車の納車は全モデル「2022年2月」になったようです(2021年商品改良CX-3も含む)

どこも同じような状態になっているようです。
ここ最近、マツダは商品改良ラッシュですが、ある程度生産が調整できているという話は聞いていましたが、それでもまだまだ深刻な状況は続いていたんですねぇ。

これからクルマを購入しようと考えている方はかなり慎重に買い換えしないといけないかもしれませんねぇ。

タイトルとURLをコピーしました