スポンサーリンク

マツダオーストラリアの裁判が決着したようです

マツダ全般
スポンサーリンク

オーストラリアの連邦裁判所がマツダオーストラリアに対して「消費者に誤解を与えた」と判決を下したそうです。

情報元:Federal Court finds Mazda Australia engaged in deceptive conduct

情報元は「which car?」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 2年間にわたる訴訟の結果、車に問題を抱えた多くの顧客に誤解を与えたと連邦裁判所が判断した
  • マツダオーストラリアは、9人の消費者に対し「オーストラリア消費者法で保証されている権利」である「新車の重大かつ反復的な故障」を経験しているにもかかわらず、全額返金を拒否し、虚偽または誤解を招くような説明をしたと認定された
  • 自動車が妥当な期間内に全く修理できない場合、消費者はオーストラリア消費者法に基づいて、返金または交換を求める権利を有している
  • ただし、裁判所は「非良心的な行為」を行ったという主張については同意していない

懐かしいですね。
2年前から始まった裁判の決着がついたそうです。
新車が重大な故障をした際に消費者に対して誤解をまねく説明をしたということで、今回裁判に発展していました。結果は、マツダが消費者法に違反したということになりました。

こういった問題に関しては国によって法律が異なる場合もあるので何とも言えませんが、クルマを購入するのは非常に高額な買い物のひとつです。なので、消費者は不安になりますので、今後、この判決が改善の一歩となると良いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました