スポンサーリンク

ジルコンサンドな「MX-30」をよくみてみる(サイドに新バッジが追加編)

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

欧州で発表されたジルコンサンドなMX-30をよくみてみます。

前回:マツダドイツが「2022 MX-30」を発表、新たに外装色「ジルコンサンドメタリック」を追加

前回、マツダドイツが「2022 MX-30」を発表しました。
まさかの外装色「ジルコンサンド」が追加されたのには驚きましたねぇ。

ということで、公開されている車両をよく見てみます。

画像引用元:Kürzer laden: Mazda MX-30 mit optimierter Ladetechnik

まず注目は赤矢印部分にある「サイドバッジ」です。
e-SKYACTIV XやCX-60でも採用されているサイドに設置されているバッジが、MX-30でも採用されました。文字は解読できませんが、なにか青文字?のようなものが混じっていますねぇ。これが何を意味するのか、非常に興味深い。

次に「2トーンカラー」です。
マツダドイツのニュースリリースでは「ブラックのルーフにグレー又はシルバーのウインドウフレームとの組み合わせが可能」となっていますが、写真を見る限りは2色展開なんですよね。これは果たしてどういうことなのか。それと「ジルコンサンド」もよく似合います。

これはとても詳細が気になってきましたねぇ。

タイトルとURLをコピーしました