スポンサーリンク

マツダドイツが「2022 MX-30」を発表、新たに外装色「ジルコンサンドメタリック」を追加

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

ドイツで2022年モデルが正式発表されました。

情報元:Kürzer laden: Mazda MX-30 mit optimierter Ladetechnik

情報元は、マツダドイツのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 最大11kWの充電容量で三相充電が可能に
  • 約2時間半でバッテリー容量の20〜100%まで充電可能
  • 50kW以上のDC急速充電ステーションでの充電時間も短縮され、わずか26分でバッテリーが20%から80%まで充電可能
  • アーバンエクスプレッションデザインテーマが採用され、ブラックビーガンレザーと20%リサイクル素材でつくられたデニム生地、センターコンソールとドアのダークブラウンコルクアプリケーションを組み合わせた内装を追加
  • 新しい3トーンカラーに「ジルコンサンド」を追加

突如、欧州で「2022年モデル」のMX-30が発表されました。
充電時間の短縮がされており、さらに外装色「ジルコンサンドメタリック」が追加されていました。画像で見るジルコンサンドメタリックなMX-30はこれまた意外ですねぇ。

今年の夏に「MX-30 R-EV」も控えているMX-30
これはなかなか面白くなってきました。

タイトルとURLをコピーしました