スポンサーリンク

コネクティッドサービス新プランの「見守りプラン」はALSOKのガードマンが派遣される

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの繋がるサービス「コネクティッドサービス」

新プランで登場した「見守りプラン」は、問題発生時にALSOKのガードマンを派遣してくれるそうです。

情報元:コネクティッドサービス利用規約

情報元は、マツダ公式ページです。
こちらの「コネクティッドサービス利用規約」にサービスの詳細が書いてありました。

気になっていた「見守りプラン」の内容がこちら。

●見守りプラン
安心を広げる2つの機能であるマツダマイカーケア(ALSOK)・ドライバーケアをセットで有料の「見守りプラン」として提供します。
専用ページ「コネクティッドサービスプラス」から、サブスクリプション方式でご利用頂けます。
・マツダマイカーケア(ALSOK):駐車位置にクルマがないときやバーグラアラーム通知を受信したときなど、クルマに異常があった際に、状況に応じて綜合警備保障株式会社(ALSOK)のガードマンを派遣し、クルマの確認を行うことができます。
・ドライバーケア:エリアや時間帯、速度を設定すれば、指定エリアへの侵入や指定時間外の運転、指定速度の超過をスマートフォンに通知。セカンダリードライバーに設定したお子様やご両親など、ご家族の安全運転やより快適なクルマの使い方を支援します。

引用元:コネクティッドサービス利用規約

車両が所定の位置にない場合やバーグラーアラーム通知を受信した際に、綜合警備保障株式会社「ALSOK」のガードマンを派遣してくれるそうです。凄いサービスですねぇ。

こちらは「CX-60」限定サービスとなっています。
本格的にマツダも「プレミアム路線」に向かっていることが実感できますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました