スポンサーリンク

マツダドイツ、MAZDA3/CX-30に「SKYACTIV-G 2.0 M Hybrid(150馬力)」を追加

マツダ関連

マツダの新世代商品「MAZDA3」「CX-30」

ドイツでは「SKYACTIV-G 2.0 M Hybrid(150馬力)」を追加したことが発表されました。

情報元:Skyactiv-G 2.0 150 M Hybrid – Weitere Motorisierung für Mazda3 und Mazda CX-30

情報元は、マツダドイツのニュースリリースです。
こちらでは、MAZDA3とCX-30にM Hybridを搭載したSKYACTIV-Gに対して150馬力バージョンを追加したことを掲載しています。
書かれている内容は以下の通り。

  • SKYACTIV-G 2.0の「90kW/122PS」に加えて、「110kW/150PS」を追加
  • 全てのガソリンエンジンは「ユーロ6d排出基準」を満たしている
  • SKYACTIV-X、SKYACTIV-Dも利用可能

ドイツにも、2Lガソリンエンジンの「150馬力」が追加されましたねぇ。
試しに、ドイツのMAZDA3のエンジンラインナップをみてみました。

画像引用元:Broschüre herunterladen

ドイツのガソリンエンジンラインナップが豊富になりましたねぇ。それと、SKYACTIV-Dも一応は選択できるので、顧客には嬉しい選択肢ですね。

このSKYACTIV-G 2.0 M Hybrid(150馬力)は、欧州ではスタンダードとなっていくのでしょうか?そして、日本国内でも似たような「モアパワー」なモデルが登場するのでしょうか。
気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました