スポンサーリンク

ポーランドの「2020 CX-3」は気筒休止?それともM Hybrid?なぜかカタログが2種類公開される。

マツダ関連

マツダのコンパクトSUV「CX-3」

2020年モデルの新機能として「気筒休止」版と「M Hybrid」版のカタログが同時に公開されています。

前回:CX-3(ポーランド仕様)の「M Hybrid」搭載モデルのスペックが公開されていました。

前回、マツダポーランドにて「CX-3」の2020年モデルに関する情報が公開されており、掲載されていたカタログに「M Hybrid」という記載がありました。

しかし、最近になって公式ページを見直すとおかしなことになっていました。

カタログダウンロードページに掲載されているCX-3のカタログは以下の通りになっています。

画像引用元:Mazda cennik samochodów nowych – popularne modele

SKYACTIV-G 2.0の下に書かれていた「M Hybrid」が削除されています。そして、以前は「M Hybrid」と書かれていたところが「Dezaktywacja cylindrów(日本語訳:気筒休止)」と変更されていました。

ただ、CX-3紹介ページにもカタログへのリンクがあるんですが、そちらのカタログでは「M Hybird」と表記されています。

画像引用元:Mazda CX-3 – wymiary, dane techniczne, cena

これは一体どういうことでしょうか?
不思議です。

イタリアなどでも2020 CX-3の詳細が公開され、全ての国は「気筒休止」となっていたので、もしかしたらポーランドは表記ミスなのかもしれません。ただ、以前ドイツのインタビューでは「M Hybrid搭載」という発言もありました。

今夏、「CX-3」は欧州にて大幅に効率化されたエンジンとM Hybridを搭載して登場。

なので、どちらの可能性もあります。
謎が謎を呼びますねぇ。

実際にポーランドの仕様がどうなるかは正式発表で分かることなので、首を長くして待つことにします。

タイトルとURLをコピーしました