スポンサーリンク

マツダ、「ボンゴブローニイバン」の一部改良を実施

マツダ関連

マツダの商用車「ボンゴブローニイバン」

一部商品改良が実施され、本日から販売開始されました。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、「ボンゴブローニイバン」を一部改良して販売開始|ニュースリリース

情報元は、マツダのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を、全車に標準装備。駐車場などで前後の進行方向にある壁などの障害物を検知した場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動で被害軽減ブレーキが作動して、クルマの衝突を抑制または被害を軽減
  • メーター内の4.2インチ(TFTカラー)のマルチインフォメーションディスプレイを、全車に標準装備。ステアリングホイール上のスイッチで、平均燃費や航続可能距離などを切り替えて表示可能
  • 「オートライトシステム」を全車に標準装備

意外な車両が改良されました。
商用車などには「商品改良」ではなく「一部改良」という言葉を使用するんですねぇ。ただ、マツダの全ラインナップで安全装備は標準装備化しているのは素晴らしいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました