スポンサーリンク

国内向けMX-30は、従来のシフトレバーで操作するマニュアルモードの代わりに「ステアリングシフトスイッチ」を標準装備

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

国内向けMX-30の詳細が発表されました。
気になっていたシフトレバーの「マニュアルモード」ですが、代わりに「ステアリングシフトスイッチ」を標準装備したそうです。

情報元:MAZDA MX-30|カタログ・スペック表 – 仕様や装備情報|マツダ

情報元は、マツダ公式ページです。
こちらではMX-30のカタログや諸元表が公開されており、そこには「ステアリングシフトスイッチ」が標準装備されていることが確認できます。

画像引用元:MAZDA MX-30|カタログ・スペック表 – 仕様や装備情報|マツダ

そして、マツダの広報資料を確認すると「従来のマニュアルモードの切り替えをステアリングシフトスイッチで行えることで、ドライバがステアリングを握ったまま操作できるようになった」と掲載されていました。

どうやら、従来型のシフトレバーにあったマニュアルモードは廃止され、その代わりに「ステアリングシフトスイッチ」が標準装備されることになったようです。

元々、MX-30のシフトレバー構造は特殊です。

画像:MAZDA

これはBEVに対応するためでもありますが、内燃エンジン搭載モデルに対応するために「ステアリングシフトスイッチ」が標準装備になったのは顧客にとっても嬉しいですし、マツダとしても走る歓びを他のモデルと変わらなずに提供できるメリットがありますね。

マツダ、考えてますねぇ。
それにしてもMX-30は本当にコストパフォーマンスが高い製品で驚いています。

タイトルとURLをコピーしました