スポンサーリンク

マツダUSAが「2021 CX-5」の紹介ページを公開、Carbon Editionでは「Unique Black grille」を採用

マツダ関連

マツダの主力SUV「CX-5」

アメリカで2021年モデルの詳細が公開されました。

情報元:2021 Mazda CX-5 Crossover SUV – Fuel Efficient SUV | Mazda USA

情報元は「マツダUSA」の公式ページです。
こちらのCX-5紹介ページが2021年モデルに更新されていました。

画像引用元:2021 Mazda CX-5 Crossover SUV – Fuel Efficient SUV | Mazda USA

グレード構成は7種類用意されており、今回一番大きな変更点は「Carbon Edition」がついかされたことですね。

その気になる「Carbon Edition」の外観も公開されています。

画像引用元:2021 Mazda CX-5 Crossover SUV – Fuel Efficient SUV | Mazda USA

ブラック化されたシグネチャーウイング、そして従来のCX-5とは異なるフロントグリルのデザインがかなり特徴的です。フロントグリルのデザインは縦線が連続して並んでいるような感じになっていますねぇ。MAZDA6などに少しだけ似ているような気がします。

Carbon Editionの他の特徴は。

画像引用元:2021 Mazda CX-5 Crossover SUV – Fuel Efficient SUV | Mazda USA

サイドミラーのブラック化や2.5Gターボモデルに対して「TURBO」バッジ搭載など、非常に充実した装備内容となっています。

そして、もう一つの注目は「10.25インチセンターディスプレイ&新世代マツダコネクト」が搭載されていることです。

画像引用元:2021 Mazda CX-5 Crossover SUV – Fuel Efficient SUV | Mazda USA

上記スクリーンショットは、2021 CX-5のカタログに掲載されているものです。この画像を見る限り、ディスプレイ表示領域がかなり運転席側に寄っていることが確認できます。これが運転にどう影響してくるのか気になりますねぇ。

10.25インチセンターディスプレイが全グレード標準搭載というのもすごい。

ついにアメリカで主力のCX-5も大幅改良されました。
コネクティッドサービスも提供され、さらなる販売増に期待できそうです。そして、この改良が日本などの他国にいつ来るのかが注目ですね。

タイトルとURLをコピーしました