スポンサーリンク

マツダがCX-3 特別仕様車「Urban Dresser」を正式発表しました

マツダ関連

マツダのコンパクトSUV「CX-3」

新たに1.5Lガソリンエンジン搭載モデルに特別仕様車が追加されました。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、「CX-3」 1.5L ガソリン車に特別仕様車が登場|ニュースリリース

情報元はマツダのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 本日から発売開始
  • 明るいピュアホワイトの人工皮革を採用、シート中央やダッシュボード、ドアトリムには手触りの良いライトブラウンのスエード調人工皮革・グランリュクスを使用し、カジュアルモダンな装いの室内空間を演出
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)や360°ビュー・モニター、快適装備(スーパーUV&IRカットガラス、シートヒーター、ステアリングヒーター)を標準装備
 
機種名 駆動 エンジン 変速機 メーカー希望
小売価格
(消費税込)
WLTCモード燃費(km/L) 自動車税(環境性能割)/
エコカー減税対応レベル(重量税)
市街地
モード
(WLTC-L)
郊外
モード
(WLTC-M)
高速道路
モード
(WLTC-H)
15S Urban Dresser 2WD
(FF)
SKYACTIV-G 1.5 6EC-AT 2,271,500円 17.0 14.4 17.2 18.3 2%/
対象外
4WD 2,501,700円 15.7 13.3 16.2 16.7

画像引用元:MAZDA

遂に発表されました。
最近は1.5Lガソリン搭載モデルの販売台数が伸びているという話も聞くので、ここで特別仕様車を投入するのはなかなか鋭い戦略です。

MRCCやADDなどの快適装備が搭載されているなど、今までのモデルの痒いところに手が届く仕様となっているので。これでさらに販売台数が伸びると良いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました