スポンサーリンク

マツダが「2020年冬 商品改良CX-5」を正式発表、新世代マツダコネクトを搭載し商品力が向上

マツダ全般
スポンサーリンク

本日、マツダは「商品改良CX-5/CX-8」を正式発表しました。

情報元:MAZDA NEWSROOM「MAZDA CX-5」を商品改良|ニュースリリース

情報元はマツダ公式ニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • SKYACTIV-Dの出力を向上、最高出力を140kW(190ps)/4,500rpmから147kW(200ps)/4,000rpmに
  • SKYACTIV-DRIVE(6AT): (SKYACTIV-G2.5Tを除く)応答性の向上
  • 新世代マツダコネクトを搭載、8.8インチ&10.25インチセンターディスプレイをそれぞれ追加(詳細は下記に記載)
  • コネクティッドサービスを追加
  • 特別仕様車「BLACK TONE EDITION」を追加(ベースはPROACTIVE)
  • 100周年特別記念車に「25S」を追加
  • 価格帯は、2,678,500円~4,141,500円

■8.8インチセンターディスプレイ搭載モデル
◎CX-5
20S, 25S, XD, PROACTIVE
BLACK TONE EDITION, Silk Begie Seleciton, SMART EDITION

■10.25インチセンターディスプレイ搭載モデル
◎CX-5
L Pakage
Exclusibe Mode

ついに2020-2021年商品改良モデルが登場しました。
新世代マツダコネクト(マツダコネクト2)を搭載し、さらに第7世代へと近づき商品力が向上しました。他にも特別仕様車に「BLACK TONE EDITION」や100周年特別記念車に「25S」を追加したりと、かなり盛りだくさんの内容となっています。

マツダの主力モデルだけに、この商品改良による売り上げ効果がどうなるのか楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました