スポンサーリンク

「SKYACTIV-X」の欧州と国内仕様を比べてみる(燃費、変速比など)

マツダ全般

マツダの新世代エンジン「SKYACTIV-X」
日本でも間もなく発売が開始されます。
今回は、少しだけ比較してみたいと思います。

前回:マツダ「SKYACTIV-X(国内仕様)」は2019年12月5日発売予定

前回、少しだけ国内仕様のSKYACTIV-Xについて知りました。
どう変わっていたのかを簡単に見てみたいと思います。

まずは「圧縮比」です。
欧州では「16.3:1」でしたが、国内では「15.0」と表記されていました。
そして、燃料の種類は欧州はハイオク指定、国内ではハイオク推奨(レギュラー可)です。

続いて「燃費」です。
以前、欧州仕様「SKYACTIV-X」の燃費をkm/L換算したことがあります。

欧州仕様「SKYACTIV-X」の燃費をよくみてみる(l/100km→km/l換算) : K-BLOG

国内仕様は総合燃費で「16.2~17.2」の値を記録しています。
欧州では少しだけ高くなったりもしていますが、大体同じです。
ただ、AWDのATでは国内仕様の方が燃費が良いのが面白い。
レギュラーを入れた場合は、1割程度落ちるイメージでしょうか?
SKYACTIV-G 2.0に乗っている感じですね。

続いて「変速比」です。
国内仕様は以下の通り(数値はうろ覚えです)

▼AT車(国内)

1速 3.552
2速 2.022
3速 1.347
4速 1.000
5速 0.745
6速 0.599
R 3.052

▼MT車(国内)

1速 3.272
2速 1.947
3速 1.379
4速 1.090
5速 0.880
6速 0.680
R 3.385

続いて、欧州仕様です。
今回はオーストリア仕様を参考にしました。
引用元:Broschüre anfragen

▼AT車(オーストリア)

1速 3.552
2速 2.022
3速 1.347
4速 1.000
5速 0.745
6速 0.599
R 3.052

▼MT車(オーストリア)

1速 3.272
2速 1.947
3速 1.379
4速 1.090
5速 0.880
6速 0.680
R 3.385

恐らくですが、全く同じでした。
ただ、MAZDA3開発者の別府氏曰く、国内仕様では乗り味が異なるという話でしたので、どう変わったのかが気になりますねぇ。

とりあえず以上です。
また追記するかもしれません。
ついに発売される「SKYACTIV-X」
なんらかの試乗会が行われると良いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました