スポンサーリンク

マツダオーストラリアが「2021 CX-8」を正式発表、新グレード「Touring SP」と「6人乗りAsaki LE」を追加

マツダ全般

マツダの3列シートSUV「CX-8」

オーストラリアでも2021年モデルが正式発表されました。

情報元:Mazda CX-8 updated for 2021 – motoring.com.au

情報元は「motoring.au」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 新グレード「Touring SP」と「6人乗りAsaki LE」を追加
  • 「Touring SP」は、CX-9 GT SPのようなブラックルックなデザイン
  • 6人乗りAsaki LE」は、2列目にキャプテンシートを追加
  • ガソリンエンジン(SKYACTIV-G 2.5)及びディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 2.2)が選択可能
  • ボディカラー「プラチナクォーツメタリック追加」
  • 全体的に緩やかな値上げを実施

オーストラリアでも2021年モデルが登場しました。
マツダオーストラリア公式ページも更新されています。

画像引用元:Mazda CX-8 | 7-seater SUV

上位グレード「ASAKI」と「GT」に関しては、日本での2020年商品改良モデルで採用されたフロントグリルなどが採用されています。下位グレードに関しては従来の横フィンタイプのデザインのままになっていました。

マツダコネクトも一部グレードでは新世代へ進化しており、10.25インチセンタディスプレイなども採用されています。

シートカラーはかなり豊富となっています。

画像引用元:Mazda CX-8 | 7-seater SUV

ファブリックシート(ブラック)やレザーシート(ブラック、バーガンディ、ブラウン、ホワイト)が選択可能になっていました。これはとても選び甲斐がありそうですねぇ。

新たに追加された「Touring SP」はブラック化されたスタイリッシュな仕様になっています。

画像引用元:Mazda CX-8 | 7-seater SUV

フロントグリルも光沢のあるブラックになっているのがかっこいいですねぇ。ただ、マツダコネクトが従来のままになっているのが特徴的です。どうやら「Sports」「Touring」「Touring SP」は初代マツダコネクトのままのようですねぇ。

また、オーストラリアのCX-8では初めて2列目シートがキャプテンシートを採用したモデルが登場したそうなので、より高級感が増しそうです。ただ、CX-9との差別化は「ディーゼルエンジンが選択可能」というだけになっていきそうなのが気になるところです。

オーストラリアは本当にラインナップが豊富ですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました