スポンサーリンク

CX-30の「黒インテリア」をみてみる

マツダ全般

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

青色や茶色と様々なインテリアカラーがありますが、今回は「黒」をみてみます。

前回:マツダオランダが「2021 CX-30」を正式発表、ディーゼルエンジンは廃止され「SKYACTIV-X」は186馬力に

前回、マツダオランダが「2021 CX-30」を正式発表しました。エンジンラインナップの改変やSKYACTIV-Xの出力向上などの改良が施されましたが、ひっそりと「黒インテリア」を追加していました。

ただ、この「黒インテリア」ですが、ダッシュボードの部分だけ既に多くの国で確認することが出来るんですよね。100周年特別記念車がそうですし。

なので、そちらで確認してみたいと思います。

情報元はこちら
→情報元:Kolenaar Mazda – De Mazda dealer in Twente

オランダのマツダ車販売店「KOLENAAR Mazda」さんです。
こちらにはCX-30 100周年特別記念車の実車写真が掲載されていました。

画像引用元:Mazda CX-30 2.0 Sky-X Automaat 100th Anniversary /Beperkte oplage/Direct leverbaar bij Autokolenaar | Kolenaar Mazda

ダッシュボード部分が黒色になっています。
青や茶色の色味がなくなり、非常にシンプルな感じな印象を強く受けます。これはこれで非常にスッキリとして良いと思います。ただ、なんとなく物足りなさを感じてしまうのは私だけなのかもしれません。

この100周年特別記念車の製造日は2021年と表記されていますが、SKYACTIV-Xの出力は179hp(132kw)と表記されていました。

ちなみに、オランダの100周年特別記念車を購入すると以下の特典がついてくるようです。

画像引用元:Mazda CX-30 2.0 Sky-X Automaat 100th Anniversary /Beperkte oplage/Direct leverbaar bij Autokolenaar | Kolenaar Mazda

これはなんでしょうか?
「DRIVE TOGETHER」と印字されていますが、キーホルダーなのかリングなのかはわかりません。世界各国で意外と特典内容が違って面白いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました