スポンサーリンク

マツダ、アメリカで「CX-5 ディーゼル」を廃止したことを認める

マツダ全般

マツダの主力SUV「CX-5」

アメリカで投入されていたディーゼルエンジンモデルが正式に廃止されたことが確認されたそうです。

情報元:It’s Official: Mazda CX-5 Diesel Discontinued – CarsDirect

情報元は「CarsDirect」です。
こちらは「CX-5 DIESEL」についてをマツダに確認したという記述がありました。

In a move that may not come as a complete surprise, Mazda has officially discontinued the CX-5 diesel in the U.S. Half a year after we pointed out the fact that the brand omitted any mention about America’s last small mainstream diesel SUV, today Mazda confirmed that the pricey variant of the CX-5 is unequivocally dead.

[機械訳]
完全な驚きではないかもしれない動きで、マツダはブランドがアメリカの最後の小さい主流のディーゼルSUVについての言及を省略したという事実を指摘した後、半年後に米国でCX-5ディーゼルを公式に中止しました、今日マツダは確認しました CX-5の高価な変種が明白に死んでいること。

引用元:It’s Official: Mazda CX-5 Diesel Discontinued – CarsDirect

情報元によると「CX-5 DIESELが廃止された」ことをマツダに確認を行ったそうです。これで、先日アメリカでCX-5ディーゼルエンジン搭載モデルがラインナップから消えたことが証明される形となりました。

マツダUSAにてCX-5とMAZDA6の「ディーゼルエンジン搭載モデル」が削除される

ただ、情報元では「MAZDA6」に対する記述はないため、MAZDA6がどうなるのかはまだ正式に発表されていません。

非常に残念ですねぇ。
マツダとしても個性を出すために「ディーゼルエンジン」は必要のピースのひとつだったと思います。しかし、世界情勢などが急速に変わっていく中、ディーゼルエンジンの需要は予想外に減ってきたのかもしれません。

次は次世代ディーゼルエンジンでリベンジですね。

タイトルとURLをコピーしました