スポンサーリンク

欧州版「2021 CX-5」の実車をよくみてみる

マツダ関連

マツダの主力SUV「CX-5」

欧州では2021年モデルの実車が到着したようで、販売店などが実車を紹介しています。

情報元:Kolenaar Mazda – De Mazda dealer in Twente

情報元は、オランダのマツダ車販売店「KOLENAAR Mazda」さんです。こちらの各モデル紹介ページに実車を写した写真が掲載されています。こちらに掲載されている写真は非常に美しい物ばかりでとても見ていて楽しくなりますねぇ。

そして、その中に「2021 CX-5」も掲載されていました。
外装などに大きな変更がありませんが、個人的に気になっていた「10.25インチセンターディスプレイ」と「HMIコマンダー」も確認することが出来ます。


画像引用元:Mazda CX-5 2.0 Sky-G 165 Luxury AUTOMAAT SUNROOF VOORDEEL €4890 /19inch zwart/spiegelkappen zwart/leer-suede/MDY2021 bij Autokolenaar | Kolenaar Mazda

北米や日本国内モデルと変わりはないようですね。
マツダコネクトの中身もしっかりと新世代になっており、HMIコマンダーも新世代用に換装されています。このコマンダーは見た目は初代そのものですが、アイコンや音量ノブに改良が加えられているのが特徴です。個人的には第7世代のHMIコマンダーよりも第6世代型のコマンダーのボタン配置の方が操作しやすいので、その点はCX-5が優位だと思います(第7世代のボタン配置はコマンダーの後ろにボタンがあるので押しにくいんですよね)

そして、こうして改めて10.25インチセンターディスプレイをみると、CX-5クラスの車両にはこれぐらいの大きさのディスプレイが見やすいですねぇ。当時は7インチでもいいのでは?と思っていた時期もありましたが、大きい方が良いです。

他にも、ヘッドライトスイッチ部も「AUTO標準」になっているのも確認できたりと非常に盛りだくさんの内容となっていました。

以上です。
欧州でもCX-5に新世代マツダコネクトが搭載され、売り上げがどのように変化していくのかが非常に気になるので、結果が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました