スポンサーリンク

広州オートショー2019においてのマツダブースの様子

マツダ全般

2019年11月22日(現地時間)に中国で開催されている「広州オートショー2019」
マツダも参加しています。
今回はそのブースの様子についてです。

情報元:2019年马自达广州车展专题-马自达中国官网

情報元は、マツダ中国の公式ページ内にある広州オートショー特集ページです。
こちらにはブース内の様子を映した写真が公開されていました。

画像引用元:2019年马自达广州车展专题-马自达中国官网

展示されている車両は一汽马自达と长安马自达の両方です。
中国カー・オブ・ザ・イヤー2020を獲得したMAZDA3には、トロフィーが一緒に展示されているのが良いですねぇ。
他にも、MAZDA6やCX-4、CX-5、CX-8の姿もあります。
その中でも気になるのが、大幅な商品改良が施されてた「CX-4」ですね。

画像引用元:2019年马自达广州车展专题-马自达中国官网

CX-4のデザインは本当に「中国専用」如く尖ってますねぇ。
それと、CX-4の最大の特徴って「Aピラー」な気がします。
マツダ第6世代で唯一黒色に塗装されていますよね。
ロードスターも似たような気もしますが。
ただ、それだけでも他とは違う印象を与えるのが不思議です。

他にも色々なページが用意されています。
個人的に気になっているのが「人馬一体学院(SEMINAR)」ですね。
学校名見たくて面白い。
ただ、殆どのページはまだ準備中でした。
これからどんどん更新されていくのかもしれません。

まだまだ開催中の広州オートショー2019
中国での巻き返しを図るマツダにとっては貴重なアピールの場です。
解ってくれる人に魅力が伝わってもらえると良いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました