スポンサーリンク

ロータリーレンジエクステンダーEVは「2022年前半に投入されるか否か」の議論が起こる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの象徴「ロータリーエンジン」

その技術を応用した「ロータリーレンジエクステンダーEV」の投入時期についてです。

前回:マツダが「ロータリーレンジエクステンダーEV」の投入中止、MX-30は「PHEV版」を投入予定

前回、マツダが「ロータリーレンジエクステンダーEV」の投入を中止するという報道がされました。かなり衝撃的なニュースでしたが、ここにきてその記事に反論する記事が登場しています。

情報元:マツダ MX-30 ロータリーレンジエクステンダーは中止になっていない…日経報道はなぜ中止としたか | レスポンス(Response.jp)

情報元は「Response.jp」です。
こちらでは、前回の記事の内容をマツダに確認したと書いてありました。

その内容は以下の通り。

  • マツダとしては発表会で公にした計画に変更はない
  • つまり22年発売予定のMX-30 ロータリーREXもいまのところ変更はない
  • 詳細未定ながら、ロータリーエンジンを搭載したシリーズハイブリッドのプランも計画は残っている

この前発表があったマツダの計画に変更はないということが再確認されているようです。そこから推測して「2022年に投入される」としています。

正直、どちらを信じていいのかわかりません。
ただクロステックの記事に対して一石を投じる内容となっているのが少し面白いですねぇ。

実際のところ、どちらが正しいのかは私にはわかりませんので、マツダの正式発表を待ちたいと思います。個人的には投入してほしいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました