スポンサーリンク

Apple純正「MagSafe バッテリーパック」を購入しました

デジタル
スポンサーリンク

つい先日、突然発売されたApple純正「MagSafeバッテリーパック」

早速購入しました。

Apple純正「MagSafe バッテリーパック」とは?
MagSafeバッテリーパック – Apple(日本)

Appleが発売しているMagSafeに対応しているバッテリーパックです。iPhone 12シリーズから搭載された機能「MagSafe」を利用したワイヤレス充電バッテリーパックとなっています。

私自身は「iPhone 12 mini」を所有していますし、充電バッテリーが前々から欲しかったので購入してみることにしました。

購入までの道のりはなかなか険しかったです。
発売日にはヨドバシカメラで販売されておらず、商品がラインナップされたと思っても「お取り寄せ」の表示のままで購入できませんした。ある時、突然ステータスが「在庫あり」になった所を運よく購入することが出来ました。ただ、その後もオリンピックの影響かはわかりませんが、発送が1日ずれたりともどかしい日々が続いていました。

ですが、やっとこさ到着。
さっそくレビューしてみたいと思います。

外箱はとてもコンパクト。
内容物は「バッテリー本体」と「取扱説明書」のみとなっています。最近のAppleはケーブル類は付属されていないので、とてもスッキリしていますねぇ。ただ、こちらの商品は有線で充電しますので、有線ケーブルは付属してほしいところです。

バッテリー本体はこちら。

とても触り心地がよいです。
サラサラしており、いつまでも触っていたくなるのがとても素晴らしい。こういったところは流石Appleですねぇ。デザインもシンプルでかっこいい。

本体側面には「ライトニングケーブル差込口」と「LED灯」が存在しています。

ライトニングケーブルで充電できるのは個人的に嬉しいですが、将来的には充電もワイヤレスとかになってこういった差込口すらもなくなりそうですねぇ。

本体の重量は以下の通り。

バッテリー本体ののみは「114g」です。
それなりの重さがあり、持ってみるとずっしりとした印象がありました。

iPhone 12 miniに装着してみるとこんな感じ。

miniの場合はバッテリー本体とiPhone本体の横幅が同じになっており、非常にフィット感がありました。持ってみると、全く違和感がないのが凄いと思いました。私の場合は純正ケースも装着していますが、問題なく装着することができるのもGOOD.

装着には磁石が使用されているんですが、これがまたけっこうしっかりと固定されます。取り外す際は横にずらす感じで取り外した方がいいのかもしれません。iPhone本体に装着した際の重量は以下の通り。

重量は「271g」となっています。
ほぼ倍になっているのでminiの利点が薄れてしまいますが、miniの弱点である「駆動時間」をカバーできるので、どちらをとるかを利用状況で臨機応変に変更することができるのは素晴らしい。

ちなみに、iPhoneに装着するとロック画面に表示が出てきます。

他にもウェジット画面でもMagSafeバッテリー本体の残量を確認することが出来ますのが、さすがApple純正ですねぇ。バッテリーを装着したまま、バッテリーのライトニングケーブル挿入口から充電を行うことで、最大15Wの充電ができるということなのも利点のひとつです。

個人的に最も嬉しいのが「他メーカー機器にもワイヤレス充電器として利用できる」点です。

私が所有しているソニーワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」も充電することが出来ます。これならば、遠出した際のもしもの時にも対応できるのが最高ですねぇ。

以上です。
Apple純正だけあって、とても上質な仕上がりになっていました。使い勝手も良く、お値段はそれなりにしますけども、これはとても満足のいく商品となっていますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました