スポンサーリンク

2022 CX-5のラゲッジルーム容量は「73Lの増加」を実現した

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

2022年モデルでは、ラゲッジルーム容量が増量したそうです。

情報元:De Mazda CX-5 2022: meer verfijning en een vernieuwde line-up – Mazda Blog

情報元は、マツダオランダの公式ブログです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

De bagageruimte van de CX-5 heeft een nieuwe inrichting, waardoor hij een laadvolume van 550l heeft (toename van 73l). De tweedelige, omkeerbare vloerplaat in de bagageruimte en de beschermstrip ter hoogte van de tildrempel bevinden zich op hetzelfde niveau om het in- en uitladen te vergemakkelijken. Newground-modellen beschikken tevens over een vloerplaat met een waterbestendige zijde voor natte of vuile voorwerpen.

[機械訳]
CX-5のラゲッジコンパートメントは再設計され、550lの積載量(73lの増加)を与えています。 ラゲッジコンパートメントのツーピースのリバーシブルフロアプレートとシルの高さの保護ストリップは同じレベルにあり、ロードとアンロードが簡単になります。 Newgroundモデルは、濡れたアイテムや汚れたアイテムに対応する耐水性の側面を備えたフロアプレートも備えています。

引用元:De Mazda CX-5 2022: meer verfijning en een vernieuwde line-up – Mazda Blog

こちらによると、2022 CX-5のラゲッジルーム容量が550L(73Lの増加)に改良されたそうです。これは地味ながらも素晴らしい改良ですねぇ。全長が少し伸びているのが影響しているでしょうか?

こういったSUVは大荷物を積むユーザーが多そうですし、アウトドアなんかには大きなものを積んだりもしそうですので恩恵を受けそうです。

デザイン変更がされているだけあって、本当に色々な改良が搭載されています。CTSなども第6世代ながらに搭載されて限りなく第7世代に近づいていますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました