スポンサーリンク

MAZDA3に「2022 CX-5」のフロントデザインを当てはめてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」

2022 CX-5に採用された新しいシグネチャーウイングとフロントグリルを合成してみたいと思います。

毎回恒例の個人的に気になったシリーズですねぇ。
2022 CX-5に採用された新しいシグネチャーウイングとフロントグリルやヘッドライトですが、マツダの今後のデザインの方向性に何かしら関係があると思っています。もし、今後の新世代商品群のデザインが「2022 CX-5」のデザインを採用していくとしたらどうなるのかを実験してみます。

というわけで「MAZDA3 Hatchback」で試してみました。

編集前元画像: MAZDA Deutschland

ヘッドライトが変わると印象が変わりますねぇ。
なんとなくですが、このヘッドライトは今後多くのモデルに採用されていくのかもしれません。それとシグネチャーウイングは変わってもあまり雰囲気はかわりません。伸びすぎたウイングを敢えて短くするという方向性はなかなか面白い。

たかが合成ですが、将来、MAZDA3もデザイン変更があると思うと感慨深いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました