スポンサーリンク

Windows 11で「AMD製CPU」を使用するとパフォーマンスが低下する恐れ

デジタル
スポンサーリンク

AMD社が「Windows 11」をAMD製CPUで使用するとパフォーマンスが低下する恐れがあると発表しています。

情報元:Windows® 11 Performance Variation in Certain Applications on Compatible AMD Processors | AMD

情報元は「AMD」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

    • AMDとMicrosoftは、互換性のあるAMDプロセッサ(Ryzenシリーズ)がWindows11を実行している場合、特定のアプリケーションでパフォーマンスが低下する可能性があると判断した
    • パフォーマンスが低下は3%から5%、ゲームでは10~15%に達する
    • 原因は「L3キャッシュの遅延が増加してしまう」ため
    • 電源制御でも問題があり、UEFI CPPC2(「優先コア」)はプロセッサの最速コアでスレッドを優先的にスケジュールしない場合がある
    • パフォーマンスへの影響は、65WTDPを超える8コアを超えるプロセッサでより検出される可能性がある
    • これら問題は、2021年10月中にソフトウェアアップデートで解決予定

AMD製CPUとWindows 11は相性が悪いようです。パフォーマンスが低下してしまう可能性があるということで、該当している方は注意が必要ですねぇ。

私のメインPCも「AMD」です。
バッチシ該当しているので、しばらくはメインPCに関しては「Windows 10」のまま利用して法がいいみたいです。Windows 11に関しては「Surface」で色々と弄っていこうと思います。

最近のアップデートって本当に慎重にやっていかないと怖いですよねぇ。

タイトルとURLをコピーしました