スポンサーリンク

CX-3のボディカラーを「カッパー(赤銅)色」にしてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダのコンパクトSUV「CX-3」

特別仕様車「Super Edgy」のインテリアに採用された「カッパー(赤銅)色」をボディカラーにしてみたいと思います。

前回:MAZDA2特別仕様車「Sunlit Citrus」専用キーシェルの「黄色」をボディーカラーにしてみる

前回、MAZDA2に採用された「シトラス」を外装色にしました。とても明るい色合いで素敵でしたねぇ。

そして今回も毎度おなじみ「内装色を外装色にしてみる」をしてみたいと思います。2021年商品改良CX-3では「カッパー(赤銅)色」が採用されていますので、試してみました。

編集前元画像:MAZDA

ちょっとオレンジ風味が強くしてみました。
本当の赤銅といったらもう少し渋い色合いだと思いますが、オレンジと黒の2トーンカラーの組み合わせはとってもお洒落なんですよねぇ。こんなカラーが登場したら若者に人気が出そうですねぇ。

CX-3で2トーンカラーが登場し、さらにデザインに幅が広がりました。これを機にボディカラーラインナップが増えると面白そうです。

タイトルとURLをコピーしました