スポンサーリンク

2021年冬商品改良 MAZDA3 / CX-30で「チタニウムフラッシュマイカ」が廃止されました

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの外板色「チタニウムフラッシュマイカ」

MAZDA3とCX-30で廃止されました。

前回:マツダが「2021年冬商品改良MAZDA3/CX-30」を正式発表しました

前回、マツダが2021年冬商品改良モデルを発表しました。新色「プラチナクォーツメタリック」が追加、さらにMAZDA3 SEDANには「ポリメタルグレー」が追加されました。

しかしニュースリリースには掲載されていませんが、ひっそりと「チタニウムフラッシュマイカ」が廃止されてました。

画像:MAZDA

大人な雰囲気を醸し出していた「チタニウムフラッシュマイカ」
ついに廃止となってしまいました。その代わりが「プラチナクォーツメタリック」ということは、マツダとしても暗い色が多すぎたのではないかと考えているのかもしれません。

今後はCX-5に「ジルコンサンドメタリック」なども採用されますし、カラーラインナップの再編が進むのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました