スポンサーリンク

2019-2020 日本カーオブザイヤー結果発表、MAZDA3は惜しくも2位

マツダ関連

今年も「日本カーオブザイヤー」が発表されました。
マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」が最終選考に残りましたが、惜しくも2位という結果に終わりました。

情報元:第40回 2019 – 2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー | 日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト

情報元は、日本カーオブザイヤー公式サイトです。
こちらに「2019-2020年」における受賞車が公開されています。

1位:トヨタ RAV4
2位:マツダ MAZDA3
3位:BMW 3シリーズ セダン
4位:トヨタ カローラ/カローラツーリング
5位:ジャガー I-PACE
6位:ジープ ラングラー
7位:ホンダ N-WGN/N-WGN Custom
8位:メルセデス・ベンツ Aクラス/Aクラスセダン
9位:日産 デイズ 三菱 eKクロス/eKワゴン
10位:ダイハツ タント/タントカスタム

今年の最優秀賞は「トヨタ RAV4」が選ばれたようですね。
流行りのSUVということもあり、尚且つ、大幅なデザイン変更やお買い得な価格設定、装備内容などなど全ての領域で高く評価できる素晴らしいクルマですねぇ。
マツダのMAZDA3は惜しくも2位となりました。
こちらもデザインや走りなど、あらゆる方面で進化し、我々を驚かせてくれましたが、SUVブームという世間的な流れやコスパの良さなどでは敵わなかったかもしれませんね。
ただ、カローラに勝ったのは少し誇らしいですねぇ。

非常に残念な結果ですが、来年、CX-30で雪辱をはらしてくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました