スポンサーリンク

MAZDA CO-PILOT CONCEPT 技術試験車両は「SKYACTIV-D」

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新しい運転支援技術「CO-PILOT CONCEPT」

技術試験車両はディーゼルエンジンを搭載しているようです。

情報元:まるで「プロの実力」 マツダの自動運転技術がスゴい! 他社と違う「人間中心」の考えとは | くるまのニュース

情報元は「くるまのニュース」です。
こちらには、先日開催された報道陣向けの「MAZDA CO-PILOT CONCEPT」お披露目会の内容が掲載されていました。

その中に、実験車両の詳細が掲載されていました。

  • 試乗したMAZDA3は「SKYACTIV-D」を搭載
  • ドライバーモニタは異常が起きる前から監視している
  • ステアリングスイッチの「SET」を推すと自動操縦モードに
  • 40km/hから50km/hが限界速度に近い

試験車両にはディーゼルエンジンが搭載しているんですねぇ。こういうのはガソリンエンジン搭載モデルが基本かと思っていましたが、こうしてディーゼルエンジンもしっかりと試験車両に使用されているようです。

マツダはラージ商品群にもディーゼルエンジンをラインナップするようですし、まだまだマツダのディーゼルエンジンは現役のようです。

タイトルとURLをコピーしました