スポンサーリンク

マツダオランダが「2022 MX-5」を正式発表、MX-5専用「キネティックポスチャコントロール(KPC)」を搭載

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの人気スポーツカー「MX-5(日本名:ロードスター)」

オランダで2022年モデルが正式発表されました。

情報元:MX-5 MODELJAAR 2022: VERBETERD RIJGEDRAG EN EEN FRAAIE NIEUWE AFWERKING

情報元は、マツダオランダのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • Kinematic Posture Control (KPC)を搭載
  • 新外装色「プラチナクォーツメタリック」を追加
  • 新内装色「テラコッタ」を追加
  • 帆色「ダークブルー」のソフトトップも提供
  • 97 kW(132 hp)の1.5リッターと135 kW(184 hp)の2.0リッターを利用可能
  • 37,490ユーロの開始価格、RFの追加料金は2,500ユーロ
  • Skyactiv-G 184 6MTの追加料金は5,000ユーロ
  • 2022年1月中旬からショールームで見ることができる

画像引用元:MX-5 MODELJAAR 2022: VERBETERD RIJGEDRAG EN EEN FRAAIE NIEUWE AFWERKING

ニュースリリースの日付が12月16日になっていますが、ついに2022年モデルのロードスターが発表されました。新機能として「キネティックポスチャコントロール(KPC)」が搭載されています。

こちらは「MX-5専用に開発された新技術であり、コーナリング時に後輪の速度差を検知した後、内輪が若干減速します。これにより、リアがトラクションを失うのを防ぎ、MX-5のマルチリンクリアサスペンションの特性を改善し、ボディのロールを防ぎます。言い換えれば、KPCは、特に高いG力でコーナリングするときや、路面が凹凸のある道路で、車を安定させる」という機能説明がされていました。

他にも外装色「プラチナクォーツメタリック」や内装色「テラコッタ」が追加され、帆色は「ダークブルー」が追加されていました。さらにお洒落になりましたねぇ。残念ながら、現時点では画像は公開されていませんが、チェコやスロバキアでは既に公開していました。
「2022 MX-5(ロードスター)」のコンフィグレータが公開されていました

欧州で先に発表されましたが、日本でもまもなく登場の予感がします。

タイトルとURLをコピーしました