スポンサーリンク

オーストラリアで「2022 MX-5」の詳細が公開、1.5Lガソリンエンジンが廃止

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの人気スポーツカー「MX-5(ロードスター)」

オーストラリアで2022年モデルが発表されました。

情報元:2022 Mazda MX-5: 1.5-litre engine axed with update, amid slow sales – Drive

情報元は「DRIVE」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • オーストラリアでは2022年1月~2月に2022年モデルが到着
  • エントリーレベルの1.5リッターバージョンを廃止
  • 廃止の理由は「2018年10月のアップデート以降、より強力な2.0リッターSkyactiv-Gパワートレインに対する顧客の需要が急増しているため」
  • 新色「プラチナクォーツメタリック」を追加
  • KPC追加

オーストラリアでも2022年モデルが発表されました。
改良内容は日本と同様ですが、驚くことに「SKYACTIV-G 1.5」搭載モデルが廃止されてしまったことです。理由としては「SKYACTIV-G  2.0を求める声が急増したため」としているようですが、オーストラリアでは1.5Lは人気がなかったのかもしれません。

ロードスターといえば「1.5L」という印象があっただけに少し寂しいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました