スポンサーリンク

マツダオーストラリアは「MAZDA3&CX-30のガソリンターボモデル投入」について熱心に交渉中

マツダ全般

マツダの新世代商品「MAZDA3&CX-30」

オーストラリアではガソリンターボエンジン搭載モデルの投入実現を熱心に継続しているそうです。

情報元:Mazda Aus keen for hot Mazda3, CX-30 | GoAuto

情報元は「GoAuto」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • マツダオーストリアはハイパフォーマンスモデルのラインナップを増やしたいと考えている
  • MAZDA3&CX-30のガソリンターボエンジン搭載モデルを投入したい
  • マツダオーストリアのマーケティングディレクターは、日本のプラグラムマネージャーに何度もお願いしており、会うたびに「忘れないで、忘れないで」と言い続けている

以前にも似たような内容の記事がありました。
マツダオーストラリアは「MAZDA3 TURBO」を諦めていない、右ハンドル仕様登場の可能性について

それからというもの、マツダオーストリアはまだまだ熱心に日本の本社と交渉を粘り強く続けているようです。北米ではMAZDA3&CX-30のガソリンターボエンジン搭載モデルはかなりの人気を集めているという話もありますし、オーストラリアでも下がりつつあるMAZDA3人気を復活させる起爆剤になる可能性もありうるので、これは是非とも実現してほしいですねぇ。

もし仮に右ハンドル車が登場すれば、日本に投入される可能性も高くなってきます。そうなれば、日本でターボ待ちをしている方々にとっても朗報になりそうです。

タイトルとURLをコピーしました