スポンサーリンク

マツダオーストラリアが「2022 CX-5」の詳細を公開しました

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

オーストラリアでも詳細が公開されました。

情報元:New Mazda CX-5 SUV – A Cut Above | Mazda Australia

情報元は、マツダオーストラリアの公式ページです。
こちらでは、CX-5紹介ページが公開されており、2022年モデルの詳細が掲載されていました。

グレード構成は以下の通り。

画像引用元:New Mazda CX-5 SUV – A Cut Above | Mazda Australia

通常グレードはFWDが2種類、AWDが5種類となっています。
基本的にはAWDが主力となっており、その中でも「TOURING ACTIVE」や「GT SP」「AKERA」に関しては、日本でいう特別仕様車と同じデザインとなっています。

カラーラインナップは以下の通り。

画像引用元:New Mazda CX-5 SUV – A Cut Above | Mazda Australia

「エターナルブルー」や「ジルコンサンドメタリック」が設定されています。北米では「ジルコンサンド」に関しては「CX-50で初採用」とされており、CX-5には採用されていません。そう考えると「CX-50」がオーストラリアに投入される可能性は極めて低そうです。

それと、面白い組み合わせがありました。

画像引用元:New Mazda CX-5 SUV – A Cut Above | Mazda Australia

初代マツダコネクトと「ライムグリーン」の組み合わせです。オーストラリアでは、まだまだ初代マツダコネクトは現役のようですので、この組み合わせが実現しました。

エンジンラインナップは「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-G 2.5」「SKYACTIV-G 2.5T」「SKYACTIV-D 2.2」の4種類となっており、他国では珍しいフルラインナップとなっていました。

流石オーストラリアですねぇ。
とにかくバリエーションが凄い。
この調子だと、CX-60やCX-80以外にもCX-70やCX-90なども、本気で投入される可能性はあるのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました