スポンサーリンク

CX-5のシグネチャーウイングに採用された豊田合成の「新漆黒めっき」

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの主力SUV「CX-5」

新しい技術「新漆黒めっき」が採用されているそうです。

情報元:新漆黒めっきを開発 ~スポーティーな車のデザインを支える加飾技術~|豊田合成

情報元は「豊田合成株式会社」のニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 豊田合成株式会社は、「光輝感」と「深みのある黒色」を両立させ、スポーティーなデザインを表現する新しいめっき技術(新漆黒めっき)を開発した
  • 2014年に開発した「漆黒めっき」と比較すると「明度を約20%下げる」とともに、従来の技術では表現できなかった濃い青味を持たせることで、より深い黒色を実現
  • 2021年12月に発売されたCX-5のフロント部に採用

CX-5(Sport Appearance)のフロントグリル下部のメッキ部分(シグネチャーウイング)に採用された「新漆黒めっき」は豊田合成株式会社が開発したものだそうです。これまた意外ですねぇ。ダイキョーニシカワとかが製造しているのかと思っていました。ちなみに、フロントグリルは他社製となっているそうです。

今までにない暗い黒に濃い青みを持たせているそうで、これがまたマツダデザインの完成度を高めていますねぇ。

トヨタグループとのつながりが本当に深くなってきました。CX-50もそうなんですが、これからもとつながりが深くなれば、トヨタとの共同開発した車両もでてくるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました