スポンサーリンク

マツダ広島本社の「気候試験ラボ」が完成していたようです

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの広島本社工場内に最新の「気候試験ラボ」が完成していました。

情報元:Mazda: designed to go the distance | Mazda Stories

情報元は「Mazda Stories」です。
こちらでは、マツダ広島本社工場内にある最新の「気候試験ラボ」での実験の様子が記事になっていました。

画像引用元:Mazda: designed to go the distance | Mazda Stories

この施設は「昨年」完成したそうです。
遂に完成していたんですねぇ。

2019年の「MAZDA OPEN DAY」にて建設途中の様子を直接見たことを今でも覚えています。
呉とマツダを求めて、広島旅行 2日目①(MAZDA OPEN DAY 2019 前編) : K-BLOG

建設途中の時でもかなりの大規模な施設だと分かりましたが、建物内は本当にすごい施設となっているみたいですねぇ。実験室では、高温環境から氷点下までの屋外温度、30〜80%の湿度レベル、最大250 km / hの風、赤道の日光などを再現できるんだとか。

また、車両腐食試験ラボにて防錆性能エンジニアの丸山氏が「同じエンジンをMazda3とCX-30に搭載した場合、車高が低いため、Mazda3エンジンに多くの水がかかりました」と発言しており、このことを踏まえ「Mazda3」と「CX-30」にフィードバックしたエピソードもあると書いてありました。

マツダのクルマ作りはモデルベースだけでなく、実車などの実験もしっかりとやっており、お金をかけていますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました