スポンサーリンク

マツダ中国が2022年3月の販売台数を発表、3月は「8,608台」

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダ中国が2022年3月の新車販売台数を発表しました。

情報元:新闻中心 | 马自达2022年1-3月中国市场销量约3.6万台-马自达中国

情報元は、マツダ中国のニュースリリースです。
こちらに2022年3月のマツダブランドの販売実績が公開されています。

2022年3月の販売台数は「8,608台」

[主要モデルの2021~2022年販売台数内訳(単位:台)]

モデル名 2021年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2022年1月 2022年2月 2022年3月
MAZDA6 2,935 1,204 4,635 2,719 2,490 3,182
CX-4 3,304 1,555 3,664 2,206 3,206 1,909 2,046 1,703
MAZDA3 9,693 5,265 6,793 6,706 6,800 7,133 6,700 5,846 8,941 9,090 9,031 8,670 11,413 4,879 5,055
CX-5 2,240 1,872 1,727 2,611 2,457 2,277 2,619 3,372 1,238 1,227
CX-30 1,857 1,458 1,509 1,862 853 989

2022年3月の販売実績が出ました。
この月に関しても「1-3月通算」の販売台数を発表しています。これ、とても分かりにくいので辞めてほしいですよねぇ。

なので、情報元の表に記載されている台数を1月と2月の数を引いた数を上記表に記載しました。今回も「MAZDA3」「CX-5」「CX-30」の3台が人気のようでした。この3台を足した数が「7,271台」となっており、3月の総販売台数である8,608台から引くと「1,337台」がMAZDA6やCX-4、CX-8、CX-30 EVの台数になると考えられます。

1337台を4で割ると「334.25」になりますので、1モデル辺り「334台」が販売されたということになりますが、これはかなり厳しい数字かもしれません。

マツダにとっては中国も重要な市場です。
MAZDA3の一辺倒ではなく、今後は他のモデルもまんべんなく人気になりたいところですねぇ。ラージ商品群に期待したいところです。

タイトルとURLをコピーしました