スポンサーリンク

MX-30の「ジルコンサンド×ブラックルーフ」をプラチナクォーツっぽくしてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

欧州で採用された「ジルコンサンド×ブラックルーフ」をプラチナクォーツっぽくしてみます。

前回:マツダUKでも「2022 MX-30」が登場、外装色に「ジルコンサンド」を追加

前回、イギリスでも「2022 MX-30」が登場していることを知りました。同じ右ハンドル市場である日本でも商品改良が近づいているように思えますので、ここら辺で勝手な予想をしてみたいと思います。

日本市場はいつも独特な仕様のモデルが登場します。
今年は「R-EV」が登場しますし、まずは日本でロータリーの復活を祝いそうな気がしますので、そのタイミングでジルコンサンド×ブラックルーフ以外に「プラチナクォーツ」も採用されるかもしれません。

それに備えて「プラチナクォーツ」っぽくしてみます。

元画像:MAZDA UK

 

今までは「単色」か「シルバー(サイド)×ブラックルーフ」のどちらかな組み合わせでしたが、今回登場したマルチカラーで印象が変わっていますねぇ。

プラチナクォーツも2色トーンは似合うかもしれません。
既に「CX-3 Super Edgy」などでも採用されていますし、実際に出たら女性などにも人気が出そうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました