マツダ、新世代EV「MX-30」を正式発表

スポンサードリンク

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」
東京モーターショー2019のプレスカンファレンスにて、世界初公開されました。

情報元:【MAZDA】マツダ、東京モーターショーにて初の量産EV「MAZDA MX-30」を世界初公開|ニュースリリース

情報元は、マツダのニュースリリースです。
マツダ初となる量産型EV「MX-30」は、「Human Moderm」をコンセプトに新たなライフスタイルに寄り添う事を目指して創り上げられました。

画像:MAZDA

今までとは異なる新時代を演出するデザインになっています。
今までのデザインの象徴であるシグネチャーウイングがなくなっていますねぇ。
かなり攻めていると思います。
リアドア形状も独特でRX-8のドアシステムと同じような仕組みになっています。

画像:MAZDA

開け方もかなり独創的ですね。
オーナメント類も新マツダフォントを使用しながら、今までとは少し異なるデザインになっています。

画像:MAZDA

特にリアサイドにある「MAZDA」という文字です。
マツダがやりたかったことを徐々に初めていっていますねぇ。
これはなかなかカッコいい。
いつかはリアエンブレムもこの文字になるのでしょうか。
内装も非常にお洒落。

画像:MAZDA

ボタンが沢山のエアコン操作パネルに大きなシフトレバー。
そして、新世代マツダコネクトが搭載されています。
スピードメーターはフル液晶という訳ではなさそうです。
新世代商品の第1弾などとシッカリ融合していますねぇ。
そんな「MX-30(欧州仕様)」のスペックは以下の通り。

主要諸元(欧州仕様車)
※数値は暫定値
全長 × 全幅 × 全高: 4,395mm × 1,795mm × 1,570mm
ホイールベース:  2,655mm
パワートレイン: e-SKYACTIV
タイヤ:  215/55R18
フロントサスペンション: マクファーソンストラット式
リアサスペンション: トーションビーム式
ステアリング: ラック&ピニオン式
ブレーキ: ベンチレーテッドDisc/ディスク/回生協調制御
駆動用バッテリー種類:  リチウムイオン電池
セル: 角型(prismatic)
総電圧: 355V
総電力量(バッテリー容量): 35.5kWh
充電 : DC充電 COMBO規格
AC充電: 最大入力6.6kW
e-GVC Plus(エレクトリック G-ベクタリング コントロール プラス)

マツダのEVパワートレインは「e-SKYACTIV」
スカイアクティブという名称は継続のまま。
そして、開発主査が竹内都美子氏で女性です。
これは新たな幕開けに相応しい人事ですねぇ。
今後、様々な職種の方々や性別問わず、主査で活躍されていくのかもしれませんね。
そんな「MX-30」は欧州から来年発売予定
専用サイトも登場しています。

Mazda MX-30 | MAZDA FIRST ALL-ELECTRIC VEHICLE

日本での発売が楽しみです。

シェアする

Instagramなどのアカウント

スポンサードリンク