マツダ「CX-8」が商品改良、8インチセンターディスプレイを搭載

スポンサードリンク

マツダの3列シートSUV「CX-8」
新たに商品改良が施され、2019年11月28日に発売されます。

情報元:マツダ「CX-8」改良 すべてのエンジンモデルに2WDとAWDを設定 | くるまのニュース

情報元は「くるまのニュース」です
CX-8の2019年後期モデルについて書かれていました。
改良内容は以下の通り。

・2列目コンソール付きキャプテンシートに電動スライド・リクライニング機能を追加
・2列目ベンチシートではボタン一つでウォークイン可能な「ワンタッチウォークイン機能」を追加
・2列目ウォークスルータイプには、カップホルダー・USB電源を1列目コンソール背面に追加
・すべての2列目シートパターンに「ナッパーレザー」を設定
・3列目にもUSB電源を全グレードに設定
・サブトランク容量を84Lに拡大
・ルーフ部に塗布型精神材を採用
・WVGAセンターディスプレイが8インチに拡大
・電動スライドサンルーフを一部グレードに追加
・パワートレインは全てのモデルに2WDとAWDが選択可能に
・AWD車には「オフロード・トラクション・アシスト」を採用

以上です。
ついにCX-8の商品改良情報が公開されました。
最近は、新型EVを含めてメーカーからの公式発表より先に発表するのがトレンドなのでしょうか?
それにしても、CX-8の改良はなかなか大規模ですね。
特に注目すべきは「センターディスプレイ」です。
MAZDA6やCX-9で採用されていた8インチがついにCX-8にも登場することになりました。
やっと画面が拡大しましたねぇ。
ただ、新世代マツダコネクトでないのが少し残念です。
他にもすべてのモデルにAWD設定されたのも素晴らしい。
価格は約294万~489万円の間だそうです。
人気の3列シートSUV「CX-8」
これでさらに人気が出ると良いですねぇ。

シェアする

Instagramなどのアカウント

スポンサードリンク